彫刻編

☆更新日時:2014-05-23 12:35:11

彫刻と聞くと日本人は、木彫をイメージすると思います。彫刻における土台となる材料は様々あります。日本に馴染み深い木材・石・粘土・金属・ガラス・乾漆・象牙などあります。彫刻はどれも立体的な表現がされています。それは、二次元の表現を三次元で表現している為です。

彫刻の多くは、木材・石の美術品が多いですよね。昔の彫刻技術では、彫る技術というのが現代ほど進歩していなかったと考えられているそうです。素材をあまり選ぶ事ができないから、彫刻家自身の技術が求められる難しい分野だっと思います。

何種類もの彫刻刀や力加減などによって、いまなお残っている彫刻品というのは数多くあります。その中でも、ミケランジェロのダビデ像は、芸術の事を知らない人でも知っているほどの有名作品です。

彫刻作品は、鑑賞が目的で作られていたそうです。鑑賞用と考えても、彫刻の素晴らしさというのをわかるようになるのは、昔にやって彫刻の授業など経験を覚えてる人はわかると思います。経験がなくても、機械を使わないで人の手だけ創られた彫刻作品を見ると感じる何かはあるのではないかと思います。

Author

  • 一言:芸術は○○だ!

Search

BACK TO TOP