油絵編

☆更新日時:2014-03-26 09:05:56

美術館などで、人々が鑑賞する芸術作品の中で、最も多いのが油絵ではないでしょうか。日本で知られている著名な作品も油絵が多く、その代表の一人がゴッホです。

ゴッホの芸術を直に見た人なら、そのタッチの力強さや絵の具の厚みに驚くはずです。一般に油絵は、他の絵具よりも沢山の画材を使用します。

例えばイーゼルや油絵具、木製パレットにペインティングナイフ、絵具を薄める溶き油、油壺に筆洗など、水彩画などに比べるとかなり大がかりな材料を必要とします。そのため一見難しそうに見えるのですが、特に絵を始めたばかりの人にとっては、実は取っつきやすい画法なのです。

というのは油絵具は乾きにくいので、じっくりと描くことができるし、何度でも塗りなおすことができるからです。しかも必ずしも溶き油で薄めることなく、そのまま塗ることもできる他、筆で描く以外にナイフで塗ったり、逆に塗った後からナイフで削ったり傷をつけたりしてタッチに変化を付けたりと、芸術家としては非常に魅力的な画法なのです。

Pick Up

Author

  • 一言:芸術は○○だ!

Search

BACK TO TOP