クラシック音楽編

☆更新日時:2014-03-19 13:06:10

芸術を知り、楽しむためには、クラシック音楽は外せない要素でしょう。

クラシック音楽と言えば、西洋の古典音楽、というイメージかもしれません。しかし、昔も今も芸術作品として多くの人に愛されているのがこのクラシック音楽の特徴です。

クラシック音楽は、演奏形式によって様々な種類に分類されます。楽器演奏を主とした器楽、弦楽器や管楽器で編成されている管弦楽、軍隊やスクールバンドなどが主流となっている吹奏楽、人声を中心としている声楽曲、オペラやバレエなどの舞台音楽、近年ではコンピューターを使った電子音楽も分類に入っています。

有名な作曲家の名前を挙げるならば、「G線上のアリア」を作曲したバッハや「悲愴」「月光」のベートーヴェン、「ラ・カンパネラ」を作ったリスト、「トルコ行進曲」のモーツァルト、「幻想即興曲」を作曲したショパンなどきりがありません。芸術に触れる上で、これら作曲家のクラシック音楽を聴いてみるのは重要なことです。

Pick Up

Author

  • 一言:芸術は○○だ!

Search

BACK TO TOP