彫刻編

☆更新日時:2014-05-23 12:35:11☆

彫刻と聞くと日本人は、木彫をイメージすると思います。彫刻における土台となる材料は様々あります。日本に馴染み深い木材・石・粘土・金属・ガラス・乾漆・象牙などあります。彫刻はどれも立体的な表現がされています。それは、二次元の表現を三次元で表現している為です。

彫刻の多くは、木材・石の美術品が多いですよね。昔の彫刻技術では、彫る技術というのが現代ほど進歩していなかったと考えられているそうです。素材をあまり選ぶ事ができないから、彫刻家自身の技術が求められる難しい分野だっと思います。

何種類もの彫刻刀や力加減などによって、いまなお残っている彫刻品というのは数多くあります。その中でも、ミケランジェロのダビデ像は、芸術の事を知らない人でも知っているほどの有名作品です。

彫刻作品は、鑑賞が目的で作られていたそうです。鑑賞用と考えても、彫刻の素晴らしさというのをわかるようになるのは、昔にやって彫刻の授業など経験を覚えてる人はわかると思います。経験がなくても、機械を使わないで人の手だけ創られた彫刻作品を見ると感じる何かはあるのではないかと思います。

書道編

☆更新日時:2014-04-02 11:07:52☆

書道というのはもともと文字を書いて記録として残すために生まれた文化ですが、徐々に技術や道具が発達するにつれて芸術性も発展してきました。

書道における芸術性とは、文字としての形の美しさだけにとどまりません。筆の運びにより、リズムや作者の感情が表現されている躍動感の有無や、余白にも芸術性を感じられるような構成などがあげられます。

素人から見れば、書道の芸術性は分かりにくいという面がありますが、文字を見たときに自分の心が何かを感じたような気持になれるものは、高い芸術性があると思ってよいでしょう。

書道を始める時は、まずお手本とそっくりに書けるように見た目の美しさを追求しますが、徐々に技術が伴ってくれば書き手の個性や思いなどを書で表現できるように、繰り返し修練を重ねることで、書に味わいを出させることが可能になります。

書道が生まれてから1000年以上もの月日がたちましたが、今なお廃れることなく続いているのは、人の心を掴んで離さない魅力に溢れているからでしょう。

油絵編

☆更新日時:2014-03-26 09:05:56☆

美術館などで、人々が鑑賞する芸術作品の中で、最も多いのが油絵ではないでしょうか。日本で知られている著名な作品も油絵が多く、その代表の一人がゴッホです。

ゴッホの芸術を直に見た人なら、そのタッチの力強さや絵の具の厚みに驚くはずです。一般に油絵は、他の絵具よりも沢山の画材を使用します。

例えばイーゼルや油絵具、木製パレットにペインティングナイフ、絵具を薄める溶き油、油壺に筆洗など、水彩画などに比べるとかなり大がかりな材料を必要とします。そのため一見難しそうに見えるのですが、特に絵を始めたばかりの人にとっては、実は取っつきやすい画法なのです。

というのは油絵具は乾きにくいので、じっくりと描くことができるし、何度でも塗りなおすことができるからです。しかも必ずしも溶き油で薄めることなく、そのまま塗ることもできる他、筆で描く以外にナイフで塗ったり、逆に塗った後からナイフで削ったり傷をつけたりしてタッチに変化を付けたりと、芸術家としては非常に魅力的な画法なのです。

クラシック音楽編

☆更新日時:2014-03-19 13:06:10☆

芸術を知り、楽しむためには、クラシック音楽は外せない要素でしょう。

クラシック音楽と言えば、西洋の古典音楽、というイメージかもしれません。しかし、昔も今も芸術作品として多くの人に愛されているのがこのクラシック音楽の特徴です。

クラシック音楽は、演奏形式によって様々な種類に分類されます。楽器演奏を主とした器楽、弦楽器や管楽器で編成されている管弦楽、軍隊やスクールバンドなどが主流となっている吹奏楽、人声を中心としている声楽曲、オペラやバレエなどの舞台音楽、近年ではコンピューターを使った電子音楽も分類に入っています。

有名な作曲家の名前を挙げるならば、「G線上のアリア」を作曲したバッハや「悲愴」「月光」のベートーヴェン、「ラ・カンパネラ」を作ったリスト、「トルコ行進曲」のモーツァルト、「幻想即興曲」を作曲したショパンなどきりがありません。芸術に触れる上で、これら作曲家のクラシック音楽を聴いてみるのは重要なことです。

■Favorite Site
ピアノ運送で困り事は
日本ピアノ運輸が困りごともしっかり解決!
オーディオ買取は専門店で
きちんとした価格で買い取ってもらえる
プリザーブドフラワーをクリスマスに合わせて飾ろう
クリスマスのアクセントに飾ろう
洗濯代行でスマートなライフスタイルを
自分で洗濯をしないというライフスタイルに合わせて

Author

  • 一言:芸術は○○だ!

Search

BACK TO TOP